Home > ニュース

ニュース

● 2022年

お知らせ

特任研究員1名を募集【10/31(月)締切】

2022年9月29日

佐藤正樹 研究室にて、特任研究員(特定有期雇用教職員)を1名募集します。

募集要項


イベント

AORI進学ガイダンス【10/22(土)開催】

2022年9月27日

大気海洋研究所への大学院進学を検討されている方を対象にした進学ガイダンスをオンラインで開催します。 佐藤研・伊賀研への個別の面談も実施する予定です。 進学情報を得られる貴重な機会ですので、奮ってご参加ください。

  • 日時:2022年10月22日(土)13:00から15:30まで
  • 方法:対面での現地開催 研究室訪問は教員によってオンラインの可能性あり
  • 場所:東京大学柏キャンパス 大気海洋研究所 講堂ほか

事前申し込み制で、申し込み期間は10月17日(月)までです。申し込み方法などの詳細は こちら (AORIウェブサイト)をご確認ください。


受賞

AOGS2022 Best Student Poster Award

2022年8月25日

本グループの山本晃立さん(博士課程2年)が、AOGS 19th Annual Meeting (AOGS2022)においてBest Student Poster Awardを受賞しました。

受賞対象講演:
Maintenance Mechanism of Cutoff Lows as Vortex-Vortex Interactions: A Case Study of July 2021 in Europe

著者:
Koryu Yamamoto, Keita Iga(本グループ准教授), Akira Yamazaki(JAMSTEC)

■ Winners of the AOGS2022 Best Student Poster Competition
https://www.asiaoceania.org/society/public.asp?page=best_student_poster_2022.asp


イベント

シンポジウム「富岳で見える気象の未来予想図」【9/10(土)開催】

2022年8月16日

本グループの佐藤正樹 教授が代表を務めますプロジェクト「富岳」成果創出加速プログラム「防災・減災に資する新時代の大アンサンブル気象・大気環境予測」において、 2022年度シンポジウム「富岳で見える気象の未来予想図」が開催されます。

佐藤教授は「「富岳」成果創出加速プログラム「防災・減災に資する新時代の大アンサンブル気象・大気環境予測」課題の研究紹介」という講演タイトルで登壇予定です。

■ 開催趣旨:
例年、梅雨期以降の6月から10月の出水期には、線状降水帯や台風の襲来により、大きな災害が引き起こされています。 地球温暖化の進行に伴い、大雨や台風等の極端気象現象は増々激甚化することが予想されており、今後も突然の大雨や強大な台風の襲来に対する備えの意識を十分に高める必要があります。 我々は、大雨や台風等のより早期の予測をめざして、スーパーコンピュータ「富岳」を活用した研究に取り組んでいます。 本課題では、激甚化する極端気象現象からの防災・減災を実現するために、「富岳」を用いて大規模アンサンブルの高解像度気象予測実験を実施し、未来の天気予報技術の確立を目指します。 本シンポジウムでは、「富岳」を用いた極端気象予測の研究の最先端を紹介いたします。

  • 日時:   2022年9月10日(土) 13:30-16:30
  • 開催方法: Zoomによるオンライン開催
  • 参加費:  無料
  • 参加申込: 事前に申込みが必要です

詳細・申込みは下記サイトをご覧ください。
https://cesd.aori.u-tokyo.ac.jp/fugaku/sympo2022.php


お知らせ

ウェブサイトをリニューアル

2022年8月1日

本グループのウェブサイトをリニューアルしました。リンクの変更はありません。引き続き過去のサイト(リンクは以下)にもアクセスすることができます。

■ 海洋大気グループ(分野) 旧サイト
https://dpo.aori.u-tokyo.ac.jp/dmmg/old/index.html


研究会

大槌シンポジウム

2022年7月28日

東京大学大気海洋研究所 大槌沿岸センター 共同利用研究集会(大槌シンポジウム)が、8月24日(水)–26日(金)の日程で大槌沿岸センターにて開催されます。 大気パート「多重階層結合系における対流圏大気現象の過去・現在・未来」では、佐藤正樹 教授が特別講演として講演予定です。

■ 大気パート「多重階層結合系における対流圏大気現象の過去・現在・未来」プログラム
https://www.aori.u-tokyo.ac.jp/aori_news/meeting/2022/20220824.html

■ 海洋パート「日本周辺の海流の力学過程およびその影響の理解」プログラム
https://www.aori.u-tokyo.ac.jp/aori_news/meeting/2022/20220825.html


受賞

日本気象学会 松野賞

2022年6月13日

本グループの山本晃立さん(博士課程2年)が、日本気象学会2022年度春季大会において松野賞を受賞しました。松野賞は、独創性が高く顕著な成果が得られた研究に関し、優れた発表をした学生に贈られる賞です。

受賞対象講演:
寒冷渦の維持に寄与する渦間相互作用

著者:
山本晃立、伊賀啓太(本グループ准教授)、山崎 哲(JAMSTEC)

■ 日本気象学会2022年度春季大会 松野賞受賞者
https://www.metsoc.jp/2022/06/13/29361


受賞

日本風工学会賞(功績賞)

2022年5月26日

本グループの新野 宏 特任研究員(東京大学名誉教授)が、日本風工学会賞(功績賞)を受賞しました。

受賞理由:
竜巻等突風に対する理解の増進、境界層スキームの開発、および風工学の発展への貢献

■ 日本風工学会賞(功績賞)受賞者一覧
https://www.jawe.jp/ja/2021-12-08-05-54-14/101-2021-12-09-01-23-31/470-2021-12-08-04-00-46.html


イベント

AORIインターンシップ

2022年5月13日

大気海洋研究所で今年8〜9月に「サマーインターンシップ」が開催されます。テーマの中には「全球非静力学大気モデルNICAMによる数値実験」も含まれており、佐藤正樹 教授(本グループ)と宮川知己 准教授(気候システム研究系)が担当します。 本グループの研究を体験できる貴重な機会ですので、興味をもたれた学部生はぜひご参加ください。

申し込み期間は5月16日(月)から6月17日(金)です。申し込み方法などの詳細は こちら (AORIウェブサイト)をご確認ください。


イベント

AORI進学ガイダンス

2022年4月12日

大気海洋研究所への大学院進学を検討されている方を対象にした進学ガイダンスをオンラインで開催します。 佐藤研・伊賀研への個別の面談も実施する予定です。 進学情報を得られる貴重な機会ですので、奮ってご参加ください。

  • 日時:2022年5月29日(日)13:00より
  • 方法:オンライン会議

事前申し込み制で、申し込み期間は5月27日(金)までです。申し込み方法などの詳細は こちら (AORIウェブサイト)をご確認ください。


お知らせ

AORIの改組

2022年4月1日

大気海洋研究所の改組に伴い、本分野の名称は「海洋大気力学分野」から「海洋大気力学グループ」に変更となりました。ただし、一部のページや出版物では今後も元の「海洋大気力学分野」と呼称することがあります。


研究会

共同利用研究集会

2022年1月7日

東京大学大気海洋研究所 共同利用研究集会「地球流体におけるさまざまな流れとその基本過程の力学」がオンラインで開催されます。

  • 日時:3月7日(月)13:30~17:40
       3月8日(火) 9:30~11:45
  • 場所:Zoom Meeting(参加登録が必要です)

プログラムは こちら (AORIウェブサイト)をご確認ください。